TOPへ

院長紹介

ごあいさつ

院長 辻󠄀浦 誠浩

院長 辻󠄀浦 誠浩この度、津駅東口の第一ビル2階に「三重津駅前つじうら胃腸肛門内視鏡クリニック」を開院致します辻󠄀浦 誠浩(つじうら まさひろ)と申します。 私はクリニック開院までの 22 年間、大学病院・がん専門病院を中心として、消化器疾患や癌(がん)の診察に携わってまいりました。これまで培ってきた知識と技術を活かし、地域の皆様が健康に過ごせるよう、丁寧で誠実な医療を提供していきたいと思っています。
がんの早期発見のためには、健診が重要です。胃カメラ・大腸カメラといった内視鏡検査は一般的に「痛い」「苦しい」といったイメージを持たれがちですが、細いスコープを使用したり、希望される方には鎮静剤を用いたりして、苦痛・負担の少ない検査を提供してゆきます。
痔や鼡径ヘルニアに対しての日帰り手術にも力を入れてゆきます。仕事や家庭のご都合で長期入院が出来ない方には、日常生活に影響が少ないというメリットがありますし、2~3日入院しての手術と比べて費用面でも負担が少なくなります。ただし、病気の種類や程度によっては入院での手術が望ましいこともありますので、その場合には連携医療機関を紹介させて頂きます。日帰り手術の特徴についてご理解を頂いた上で、手術を受けて頂きたいと思っております。
その他、一般内科疾患・各種健康診断・予防接種などにも、幅広く対応してまいります。
今後の目標は地域医療に貢献することです。専門的で高度な医療を、地域の皆様方お一人お一人に温かな心を持ってお届けいたします。癌の治療に関してご不安やお悩みのある方の相談にも、がん治療認定医である院長が丁寧に対応いたします。
当院は、平日は20時までの診察であり、また土日も開院しております。仕事や家事などで、平日の日中に受診が難しい方にも、安心してお越しいただけます。専門的で高度な医療を提供することはもちろん、皆様のニーズに合わせたわかりやすい診療を行ってまいります。ご不明な点やお悩みがありましたら、ぜひ来院して頂き、お気軽にご相談ください。

略歴

学歴

1995年3月 私立東大寺学園高等学校 卒業(奈良県)
2001年3月 京都府立医科大学 医学部医学科 卒業
2011年3月 京都府立医科大学院 医学研究科 卒業

職歴

2001年4月 京都府立医科大学付属病院 外科勤務
2003年4月 公立南丹病院 (現:京都中部総合医療センター) 外科勤務
2006年4月 京都府立医科大学付属病院 消化器外科勤務
2011年4月 京都府立医科大学消化器外科 勤務(博士研究員)
2012年8月 Weis Center for Research, Geisinger Medical Center (米国ペンシルベニア州、Postdoctral researcher)
2014年4月 がん研有明病院消化器外科 (胃外科)勤務(東京都)
2017年4月 済生会滋賀県病院外科勤務
2021年4月 三重大学医学部付属病院 消化管外科勤務
2021年7月 三重県立総合医療センター 消化器・一般外科勤務
2023年7月 三重大学医学部付属病院 消化管外科勤務

資格・所属学会

専門医・認定医・資格等

  • 医学博士
  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本内視鏡外科学会 消化器・一般外科技術認定医(胃)
  • da Vinci surgical system 術者認定取得
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了
  • 内痔核治療法研究会四段階注射法講習 修了
  • 日本胃癌学会代議員(第6期:2018-2021年、第7期:2022-現在)
  • 近畿外科学会評議員(2017年-現在)

所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本胃癌学会
  • 日本大腸肛門病学会
  • 日本ヘルニア学会
  • 近畿外科学会
  • 三重大学大学院医学系研究科 リサーチアソシエイト